「3泊4日」カテゴリーアーカイブ

【百名山】焼岳 〜穂高連峰の岩稜を一望

前回と前々回のエントリーで、上高地への山旅、3泊4日のうち前半の2泊は涸沢と北穂高岳について書きました:

【百名山】涸沢カールから北穂高岳へ 〜その1

【百名山】涸沢カールから北穂高岳へ 〜その2

今回は、最終日に行った焼岳について書きます!

いつ 2019年8月12日(月)
どこ 焼岳(2,393m)
旅程 上高地小梨平キャンプ場出発(05:30)
ー 焼岳登山口(06:00)
ー 焼岳山頂(08:50)
ー 焼岳登山口(11:30)
ー 上高地小梨平キャンプ場(12:00)
装備 ヘルメット(持って行かなかったけど、推奨のよう)
虫除けスプレー
予算 上高地までのバス代
小梨平キャンプ場 800円
お風呂 600円x2
携帯充電 100円
その他食費など

続きを読む 【百名山】焼岳 〜穂高連峰の岩稜を一望

【百名山】涸沢カールから北穂高岳へ 〜その2

【百名山】涸沢カールから北穂高岳へ 〜その1からの続きです。

涸沢入り2日目、5時過ぎにモルゲンロートが始まると教えてもらったので、朝は4時半ごろに起床して準備。

ごつごつ岩の上ですが、ザックをエアマットの下に敷いて、結構心地よく眠れました。

コーヒーを淹れて卵を焼いて朝食にしていると、始まりました。

涸沢カールのモルゲンロート

陽が静かに涸沢カールへと降りてきます。いとうつくし。

昨日の高校生団体の引率の先生が、親切にコンパネとテントスペースをお譲りくださいました。テントまで運んでくださり、山の人は親切な人ばかり。ありがたやありがたや。

続きを読む 【百名山】涸沢カールから北穂高岳へ 〜その2

【百名山】涸沢カールから北穂高岳へ 〜その1

こんにちは〜やまびとです!

山の日の週末、金曜もお休みをいただいて3泊4日で上高地に行ってきました!

木曜夜行バス便で金曜早朝に上高地入り。2泊3日で涸沢と北穂高、そして上高地でキャンプ一泊して焼岳に登る、という強行プラン。

それだけ長くテント泊するのは日本では初めてで、最初は少し不安でしたが、最終日には

もう一生帰りたくない

と思ってしまうほど満喫しました。もうすっかり北アルプスに魅了されてしまい、他の山には行く気になれないほど。

今回は、前半の涸沢と北穂高岳について書きたいと思います。

いつ 2019年8月9-11日(金-日)
どこ 涸沢カールと北穂高岳(3,106m)
旅程 バスタ新宿(22:20)上高地行きバス(さわやか信州号)
ー 上高地出発(06:00)
ー 横尾(08:45)
ー 涸沢ヒュッテ(12:30)
ー 涸沢泊
ー 涸沢テント場出発(翌06:00)
ー 北穂高岳山頂(08:45)
ー 北穂高岳出発(09:30)
ー 涸沢岳(11:45)
ー 穂高岳山荘(12:15)
ー 涸沢テント場(14:30)
ー 涸沢泊
ー 涸沢テント場出発(翌06:00)
ー 上高地小梨平キャンプ場(11:15)
装備 ヘルメット
テント
予算 上高地までのバス代
涸沢テント場 1,000円 x 2泊(+コンパネを1泊分500円)
おでんとビール、アイスクリーム代など

続きを読む 【百名山】涸沢カールから北穂高岳へ 〜その1

空中都市マチュピチュへ、インカの道をトレッキングしてきたよ④

空中都市マチュピチュへのインカの道トレッキングの記録、最終日4日目です。1日目はこちらから。

4日目:マチュピチュ入りとマチュピチュ山

インカトレイル最終日は、まだ未明の早朝に起きて、マチュピチュまでの5.5キロメートルをダッシュ!という計画。

ガイド「朝3時前、とにかく起きた瞬間に動き始める。テントの中にマットも寝袋も残したままでよいので、ザックだけ持って出よ!朝食もお弁当だ。」

やまびと「3時前というのは具体的に何時か!?」

ガイド「起きた瞬間だ!」

という会話を昨夜何度かやり取りして、ようやく3時に準備ができていればよいことを白状してくれました。

ガイドにとってみれば、3時といえば出発が遅れると思うんだろうけど、やまびとは日本人。

時間には厳しいし、マットも寝袋も自分で持参したのでたたむのに時間がかかるから、放っておけばよい皆より半時間ほど早く起きなきゃならんのです。

続きを読む 空中都市マチュピチュへ、インカの道をトレッキングしてきたよ④

空中都市マチュピチュへ、インカの道をトレッキングしてきたよ③

空中都市マチュピチュへのインカの道トレッキングの記録、3日目です。

1日目はこちらから。

3日目:三千の石段を下る

5時に起床。星空が戻っていました。

やや霧があるのか、天の川が見える程度ではありません。

朝食をたっぷりとって、晴天の中出発。

昨日と一昨日はやや天気が崩れていたため、天気の回復に胸がおどります。

クスコからデイツアーで行った聖なる谷は連日晴天で、その雄々しい姿をインカトレイルでも期待していたのです。

今日は9キロメートルのみで、3000以上の石段をひたすら下る予定です。

続きを読む 空中都市マチュピチュへ、インカの道をトレッキングしてきたよ③

空中都市マチュピチュへ、インカの道をトレッキングしてきたよ②

空中都市マチュピチュへのインカの道トレッキングの記録、2日目です。

1日目はこちらから。

2日目:Dead Women’s Pathを越える

5時起床とのことだったので、4時半には起きてパッキングを開始。

やまびとのマットは空気注入式なので、少し手間がかかります。

今日は雨。ホテルでよりもよく眠れました。

朝食はフルートやらパンケーキやら、大好物がずらずらと出てきました。抜け目なく素晴らしすぎる。

出発の前に煮沸した水をプラティパスに入れてもらって、フルーツの入ったスナックの袋を受け取ります。

さて、2日目はわずか12キロメートルの距離ですが、標高4,250メートルを超え、3,580メートルまで下り、また4,250メートルまで登る一番ハードな日になります。

続きを読む 空中都市マチュピチュへ、インカの道をトレッキングしてきたよ②

空中都市マチュピチュへ、インカの道をトレッキングしてきたよ①

今年の春、ついにマチュピチュまでインカトレイルをトレッキングしてきました。

インカトレイルとは、その昔、インカ帝国時代に存在した長大なインカ道うち、マチュピチュへと続くルートをトレッキング用に整備したトレッキング・ルート。

(インカトレイルについてはこちらでくわしく書いています。)

いくつかあるインカトレイルのうち、もっとも一般的な、クスコから82キロメートル(あるいは88キロメートル)地点から始まる「Km 82(Km 88)」というルートを踏んできました。

アンデスの山中を3泊4日でテント泊する、本格トレッキングです。

4本立てでお届けします。

1日目

朝3時起床。

4日間滞在したクスコのホテルをチェックアウトして、まだ暗い夜道を歩いてレゴシホ広場へ。

申し込んだインカトレイルのオペレーターは、「リャマ・パス」といいます。リャマ・パスはパンフレットからユニフォームまで真っ赤。

やはり広場の端で静かに待ち構えていたバスも赤でした。

続きを読む 空中都市マチュピチュへ、インカの道をトレッキングしてきたよ①

マチュピチュへ行くならインカトレイルをトレッキングしよう

こんにちは。やまびとです。

春にマチュピチュに行こう!と決めたのは去年の今頃でした。

マチュピチュは、日本からは地球の裏側、ペルーの南に位置します。

いろいろと調べているうちに、マチュピチュへと続くインカの道をトレッキングする「インカトレイル」の存在を知り、コレダ!と思いました。

海外では、一生に一度はしたいことトップ10には入る、有名なトレッキング・ルートだそう。

私がインカトレイルに参加しようと思ったのは、以下の理由から。

  • 日常にちょっと疲れて冒険がしたい
  • 数時間程度のマチュピチュ遺跡見学だけではもったいない
  • 数あるインカの遺跡を巡りインカ文明につかれる
  • アンデスの山々を4日もトレッキングできる
  • キャンプ場でご馳走が食べられる
  • 標高4,200メートル地点も超えられる
  • 案外、安い
  • 一人でマチュピチュを訪れるよりかえって安全そう

マチュピチュ遺跡パスやクスコからの交通費、食費こみこみで4日間600〜700米ドル程度。

行かなくては損な気すらしてきます。

続きを読む マチュピチュへ行くならインカトレイルをトレッキングしよう