「1泊2日」カテゴリーアーカイブ

【百名山】焼岳 〜穂高連峰の岩稜を一望

前回と前々回のエントリーで、上高地への山旅、3泊4日のうち前半の2泊は涸沢と北穂高岳について書きました:

【百名山】涸沢カールから北穂高岳へ 〜その1

【百名山】涸沢カールから北穂高岳へ 〜その2

今回は、最終日に行った焼岳について書きます!

いつ 2019年8月12日(月)
どこ 焼岳(2,393m)
旅程 上高地小梨平キャンプ場出発(05:30)
ー 焼岳登山口(06:00)
ー 焼岳山頂(08:50)
ー 焼岳登山口(11:30)
ー 上高地小梨平キャンプ場(12:00)
装備 ヘルメット(持って行かなかったけど、推奨のよう)
虫除けスプレー
予算 上高地までのバス代
小梨平キャンプ場 800円
お風呂 600円x2
携帯充電 100円
その他食費など

続きを読む 【百名山】焼岳 〜穂高連峰の岩稜を一望

【百名山】梅雨の伊吹山

こんにちは、やまびとです!

やはり梅雨だけに雨の日々が続きますね。週末は必ず雨というか。

今回は、たまたま休暇で関西に帰省したので、伊吹山に登ってきました!

伊吹山って、世界一の積雪量でギネスブックの記録があるんだそう。標高1,377メートルの低山とはいえ、とても冬に挑戦するには勇気と準備がいるので、まずは夏山に挑戦〜ということでねらっていた山です。

いつ 2019年7月2日(火)
どこ 伊吹山(1,377m)
旅程 近江長岡駅(08:45)伊吹山登山口行きバス)
ー 登山口発(09:15)
ー 伊吹山山頂(12:00)
ー 山頂発(12:30)
ー 登山口バス停(14:10)
ー バス停(14:32)
装備 日焼け止め!
虫除けスプレー
予算 近江長岡駅までの電車代
近江長岡駅ー伊吹山登山口バス 360円 x 2

雨続きなので、「てんきとくらす」を一週間前くらいからチェックし続け、どうやら火曜日の登山指数がA判定であることを確認。他の日はのきなみC判定なので、貴重な日です。

続きを読む 【百名山】梅雨の伊吹山

【百名山】大弛峠から甲武信ヶ岳へテント泊

みなさん、こんにちは〜

先週末、念願の甲武信ヶ岳へテント泊に行ってきました。登りのきつい西沢渓谷からのアプローチではなく、標高の同じ大弛峠から行けば少しは楽なはず〜〜なんて短絡なことを考えて行ったら、己の浅はかさに後悔することに。。。

いつ 2019年6月1-2日(土日)
どこ 甲武信ヶ岳(2,475m)
旅程 塩山駅(07:30)大弛峠行きバス(要予約)
ー 大弛峠登山口発(09:00)
ー 北奥千丈岳(09:40)
ー 国師ヶ岳(10:00)
ー 両門ノ頭(13:00)
ー 甲武信ヶ岳(14:50)
ー 甲武信小屋(15:00)テント泊
ー 甲武信小屋出発(07:10)
ー 木賊山(07:30)
ー 徳ちゃん新道分岐(09:20)
ー 徳ちゃん新道登山口(10:50)
ー 三重ノ滝(11:00)
ー 西沢渓谷バス停(12:20)
装備 トレッキング・ポールがあるとよい
テント、ダウンパンツ
耳栓もしくはイヤホン
(テン場で深夜まで騒いでいる若者グループがいて・・・)
予算 塩山駅までの電車代
塩山駅ー大弛峠バス 1800円 (行き)
西沢渓谷入り口ー塩山駅バス1030円(帰り)
テント場使用量 1000円(1張500円+1人500円)

結論から書きましょう。大弛峠は、標高こそ2340メートルで甲武信ヶ岳とそんなに変わりませんが、縦走路は長く、累計登りはなんと1333メートル!

続きを読む 【百名山】大弛峠から甲武信ヶ岳へテント泊

【百名山】紅葉の赤城山〜黒檜山に登って湖畔でキャンプ泊

こんにちは!最近の週末は登山日和が多いですね。

赤城山の記録も書こう書こうと思いつつ、なかなかブログの時間がありませんでしたが、とにかく最高の経験だったので、ぜひご紹介したく。

いつ 2018年10月7〜8日 (一泊)
どこ 赤城山の黒檜山(1,828m)100名山
旅程 前橋駅(8:45ごろ)赤城山ビジターセンター行きバス
(バス満員で乗車できず)
ー 県立赤城公園キャンプ場(12:00ごろ)
ー 黒檜山登山口(12:45)
ー 黒檜山山頂(13:35)
ー 駒ケ岳登山口(15:00)
ー キャンプ場で一泊(青木旅館でお風呂)
ー 赤城山ビジターセンター発前橋駅行きバス(翌10:10)
ー 前橋駅
装備 手袋
予算 前橋駅までの電車代
バス 1500円x2
お風呂 540円

続きを読む 【百名山】紅葉の赤城山〜黒檜山に登って湖畔でキャンプ泊

両神山でテント泊 ー 七滝沢ルートを登ってしまったよ

こんにちは。やまびとです。

今年のゴールデンウィークは晴天続きで気持ち良かったですね。やまびともテントをかついで奥秩父にある両神山に行ってきました!

いつ 2017年5月初旬
どこ 両神山(1723m)
旅程 (1日目) 東京発(5:30ごろ)
ー 三峰駅から日向大谷口行きバス(8:55出発)
ー 日向大谷登山口発、七滝沢コース(10時ごろ)
ー 清滝避難小屋テント場着、ランチ(12:30)
ー 両神山山頂(15:00)
ー テント場泊
ー 下山(9時ごろ)
装備 テントと虫除けスプレー(軍手があればよかった)
予算 往復:三峰駅までと日向大谷口までのバス

続きを読む 両神山でテント泊 ー 七滝沢ルートを登ってしまったよ

屋久島一周サイクリングと白谷雲水峡

鹿児島県から60キロの南西に位置する一周100キロメートルの小さな世界遺産の島、屋久島。

なんとなく大阪からフェリーと高速船を乗り継いで、屋久島まで輪行してきました。

この小さな島に、標高0メートルの海辺から1900メートルの山までコンパクトにつまっています。

そのため、ナント南国から北海道までの気候をひと島で体験できるのです!

面積は500平方キロメートルで、東京都の4分の1。

いつ 2016年1月中旬
どこ 屋久島
旅程 (1日目) 鹿児島発(7:00)
ー 屋久島宮之浦港到着(10:00)
ー 永田いなか浜通過(12:00)
ー 粟生通過(14:15)
ー 尾之間通過(15:45)
ー 安房到着(宿泊)
(2日目)安房出発(6:10ごろ)
ー 白谷雲水峡
装備 ロードバイク

屋久島の海辺の道路を一周快走する、ソロサイクリングツアー。

続きを読む 屋久島一周サイクリングと白谷雲水峡

雲取山は積雪期に登るべし

こんにちは、やまびとです。

もう半年以上前の話になりますが、冬山の雲取山に登ったときの写真を見ていて、雪山の美しさを思い起こしてしまいました。

雲取山は東京で一番高い山。

初心者にも親しまれている山とのことですが、個人的に雪の雲取山はややハードでした。

とくに冬は、まず1日では無理。

しかし山小屋に泊まって、翌朝晴天にめぐまれたら、それはもう美しい世界が広がっています。

続きを読む 雲取山は積雪期に登るべし

富士山の眺めがすごい!大菩薩嶺ではじめてのソロテント泊〜富士山と…熊がシカ狩り(?)

こんにちは。やまびとです。

今回は、今月初旬にいってきた初めてのソロテント泊について書こうと思います。

いつ 2016年12月初旬
どこ 大菩薩嶺(2,057m)
旅程 (1日目) 東京発(6:30ごろ)
ー 塩山駅(9:15着)
ー 大菩薩嶺登山口までバス(10:00ごろ着)
ー 福ちゃん荘(13:00ごろ着、テント設置・ランチ)
ー 大菩薩峠へピストン
(2日目)福ちゃん荘出発(6:30ごろ)
ー 大菩薩峠(7:00ごろ)
ー 大菩薩嶺(8:00ごろ)
ー 丸川荘(9:30ごろ、ブランチ)
ー 登山口から塩山駅へ(11:59のバス乗車)
予算 塩山駅〜登山口 バス:片道300円✖️2
福ちゃん荘テント場:400円

続きを読む 富士山の眺めがすごい!大菩薩嶺ではじめてのソロテント泊〜富士山と…熊がシカ狩り(?)