「Tokyoから海外」カテゴリーアーカイブ

世界に眠る遺跡を訪ねて
さまざまな文明の盛りと衰退に思いを馳せる。
古今東西の街と暮らしと文化に触れて
自らの内を知る。
遠くとも近く、高くとも低い。
知るべきは知るべき時に。
見るべきは見られるうちに。

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その⑤ 天都峰へ

こんにちは、やまびとです。黄山記録、その⑤です。

前回までは、黄山を東側の雲谷ケーブルでアプローチし、西海大峡谷を巡って、夕暮れ、ようやく黄山西側の玉屏楼ホテルまで辿り着いたところまででした。

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その① 知っておくとよいこと

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その②

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その③

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その④

翌朝は、日の出を拝みに、5時にロビーに集合です。

部屋は、旅慣れたやまびとにもとても寝られる状況でなく、夜中に暑さと匂いに耐えきれなくなって、ロビーへ。数時間ウトウトしました。

最初は、ロビーには私一人だったのですが、途中女の子が2人iPhoneの充電に外から入ってきたり、その後は男性が入ってきたりで、結局寝ることはできませんでしたが。外は暴風で、テント泊の若者たちが温まるために入ってきている模様。

続きを読む 【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その⑤ 天都峰へ

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その④ 黄山の夕暮れ

こんにちは、やまびとです。黄山記録、その④です。

前回までは西海大峡谷を経て、峡谷の底から天海ホテルまで這い上がってきました。

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その① 知っておくとよいこと

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その②

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その③

西海大峡谷は、予想に反してめちゃくちゃ混んでましたが、それは新しく峡谷の底から天海ホテルまでモノレールができたからなんでしょう。ツアー集団も多数でした。

モノレールまで引き返した仲間がモノレールで上がってくるのと、我々が徒歩で石段を登るのと、だいたい同時。モノレール組みは足を痛めてしまったのもありますが。

続きを読む 【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その④ 黄山の夕暮れ

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その③ 西海大峡谷

こんにちは、やまびとです。黄山記録、その③です。

前回まではケーブルカーで登って、北海賓館を経て、西海大峡谷を目指しているところまででした。

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その① 知っておくとよいこと

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その②

一般的な黄山の地図に西海大峡谷が省かれていることからも、観光としてはあまりメジャーでないのであろう、西海大峡谷へいけば、人は少なくなっているはずだ、とみんなで勝手な思い込みをして、足を進めましたが・・・

そんなことは、全くありません。いや、多少人は少なくなっていたのかもしれませんが、その分道も狭くなっていたのでしょうか。混雑具合はさらに増したように思います。

続きを読む 【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その③ 西海大峡谷

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その② 雲谷ケーブルカーから

こんにちは やまびとです。

今回は、いよいよ黄山初日からの記録をお伝えしたいと思います。【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その① 知っておくとよいこと からの続きです。

初日は上海からの移動日。東京から上海への移動については、【上海近郊】杭州〜西湖と九溪十八潤ハイキング その①に詳しく書いていますので、ご参考ください〜

午後2時に上海のオフィスを出発して、15時半ごろの高速列車に乗車しました。黄山への直行便は早朝と夕方にしかないのですが、上饶を経由すると、実は黄山への直行便より速いぐらいです。

続きを読む 【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その② 雲谷ケーブルカーから

【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その① 知っておくとよいこと

こんにちは、やまびとです。

今回は中国水墨画の世界、黄山トレッキングの記録です。前回は、上海出張で行った杭州での西湖とハイキングルートについてご紹介しました。

職場の仲間といく、黄山トレッキングのエクスカーション。上海出張が決まって、即座に

週末を利用して行くよ!

と宣言したら、みんなついて来てくれました。私以外は中国人と台湾人なので、言葉や列車のチケットの手配の心配をしなくてよいのが、気楽だし現地の人にしか入手できない情報にもアクセスがあり安心でした。

1日目は移動、登山口近くに宿泊、2日目早朝に東からケーブルカーで登り、ぐるりと廻って西側泊、3日目に下山、という2泊3日ルート。3日分を2日間に凝縮した、結構な強行ルート。

その後、数名で近くの世界遺産の村、宏村に向かって一泊しました。

これが私の計画ルート↓

計画をたてて、実際に行ってみると、いろいろ教訓になることがあるので、準備段階で知っておくとよいことを、思いつくままいくつか挙げておきます。

続きを読む 【上海近郊】中国の世界遺産景勝地 黄山を廻る 〜 その① 知っておくとよいこと

【上海近郊】杭州〜西湖と九溪十八潤ハイキング その②

【上海近郊】杭州〜西湖と九溪十八潤ハイキング その①からの続きです。

前回は西湖の夜散歩について書きましたが、今回は西湖周辺のハイキングルートの紹介です。

上海っ子の上司から送られて来たメッセージは・・・いつになく謎めいておりました:

今日は半日しかないだろうから、山を行くか谷を行くか決めなさい。個人的には九溪十八潤が好きだが。

え?ハイキングが素晴らしいと言ったじゃないですか。山か谷?どういうことだ?

続きを読む 【上海近郊】杭州〜西湖と九溪十八潤ハイキング その②

【上海近郊】杭州〜西湖と九溪十八潤ハイキング その①

こんにちは、やまびとです。

今回は上海に出張がてら杭州と黄山に行って参りましたので、その第一弾です。

みなさんも上海に出張が決まったら、週末を利用したりお休みをとって、ちょいと高速電車でトレッキングに出かけてみてください!日本ではまず見かけることのできない超絶景を楽しめます。

しかしそれは、行くべき場所を知っていればのこと。ガイドブックには載っていないルートもたくさんあるのです。

かくいうやまびとも、ガイドブックを購入して、現地に行って西湖周りのお勧めをいくつか廻ればいいや、と考えておりました。しかし!トレッキング好きのやまびとを知る上海っ子の上司が、こういうではありませんか。

1日目は西湖の夜景を楽しみなさい。2日目はハイキングルートがとても素晴らしいよ。

なに⁈杭州にハイキングルートがあるのか!ガイドブックにはそんな内容は一行も書かれていませんし、ネットを検索してもCNNの英文記事にかろうじて紹介文がある程度。

しかし、上司のそのアドバイスに従ったおかげで、いつもの一人旅ではできない、とても素晴らしい体験ができました。ので、今回はそんな隠れルートのご紹介です。

続きを読む 【上海近郊】杭州〜西湖と九溪十八潤ハイキング その①

天空の楽園アンコール・ワットへ④ アンコール国立博物館はおすすめ

天空の楽園アンコール・ワットへ③から続きです。

3日目、今日は最終日。昨夜行けなかった遺跡を周り、アンコール国立博物館に行く予定です。

続きを読む 天空の楽園アンコール・ワットへ④ アンコール国立博物館はおすすめ

天空の楽園アンコール・ワットへ③ ジャングルとともに姿をかえるクメールの遺跡群

天空の楽園アンコール・ワットへ②から続きです。

2日目は、午前中はホテルの自転車を借りて、昨日周れなかったアンコール・トム内の遺跡を観てまわり、午後からは、ドライバーにアンコール・トム周辺の遺跡へ連れて行ってもらう予定です。

続きを読む 天空の楽園アンコール・ワットへ③ ジャングルとともに姿をかえるクメールの遺跡群

天空の楽園アンコール・ワットへ② アンコールの大伽藍と長大な壁面レリーフ

天空の楽園アンコール・ワットへ①から続きです。

クメール建築の最高傑作 アンコール・ワット

さて、午後。気温はとめどめもなく上がっていく模様。

やや疲れ始めていたのですが、アンコール・ワットの壮大な姿に圧倒されて、半キロメートルある参道も吸い込まれるように中へ。

西塔門をくぐると、祠堂が見えてきます。

続きを読む 天空の楽園アンコール・ワットへ② アンコールの大伽藍と長大な壁面レリーフ