【在宅中】お家で日々感謝してやまないオススメのアイテム

こんにちは〜やまびとです。

今日は、コロナ在宅中でも心身ともに健康に過ごす方法について考察したいと思います。

実はコロナの緊急事態宣言でジムも閉鎖されてしまった時、これはマズイ、

絶対に干からびてしまうゾ

と思ったやまびと。

在宅勤務はその時点ですでに長かったのですが、ジムに通うことで人と話したり運動したりする機会を十分に確保できていました。ところが、その唯一の心のよりどころが、突如奪い取られてしまったのです。

もともと、家でぼっちは得意な私ですが、ここまで長いと、なかなか萎えてきますよね。でも総じて楽しく過ごせて、身体スキルもそれなりに維持できている(むしろ強くなっている部分も)かなと思っています。

そこでお薦めしたいのが:

  1. 環境のリモデル
  2. 在宅エクササイズ
  3. 瞑想
  4. オンラインデリバリー
今こそ家中リモデルのとき

本ブログでも連日書いていますが、フィンガーボードつきのシェルフを作ったり、玄関に自転車ラックを設置したり、在宅で目に届くものを片っ端からリモデルしていっています。

ワインセラーにペンキを塗ってみたり、タンスを無印に変えてみたり。

家の雰囲気を変えると環境が新鮮になるし、いろいろとアイデアが生まれてきて楽しくなります。

今回オススメしたいリモデルは、家具や物ではなくて、環境。それは、

光と音。

うちは2面彩光で、特に晴れていると朝からたいへん明るい部屋になり、そこにコーヒーを入れてお気に入りの音楽をかけると、一気に私専用の心地よいカフェになります。風も気持ちのいい季節になりました。

逆に雨の日は暗く、仕事に集中するにはもっと太陽光系の光が欲しい。夕暮れ時には自然と室内に灯りを徐々にともしていってほしい。

エクササイズする時はエネルギッシュな白系の光がほしいし、寝る前の数時間は薄暗い暖色系の光で、自然に眠りへと誘ってほしい。

そんなスマートライト↓を導入して、もうかれこれ2年近くなります。


Philips Hue フルカラー スターターセット|E26 LED電球 スマートライト3個+ブリッジ1個|1600万色、調光

購入当初にオススメ記事も書きましたが、最近はこのライトの機能にますます頼るようになり、日々感謝するほど。

コロナ在宅以前は、主にお風呂や就寝前にリラックスしたりするために活用していました。家に帰り着くと灯る設定、夜はちょうど良い光調と光量で日々重宝。

最近は、 「集中」「読書」「エネルギッシュ」などのメニューも多用している自分にふと気づき、これがなかったら生活や気分がだいぶん変わっていたかもしれない、と思いました。

日当たりのよくない部屋にお住まいの方は、ルーチンで日の出と共に部屋を明るくしていくような設定もできます。私は日の入りの時刻に明るくしていく設定にしています。

また、ラボでキャンドルライトのちらつきを再現したり、映画に合わせて部屋の色を変えたり、いろいろ遊べたりも。

なので、同じスマートライトでも、ホワイト一色のものではなく、フルカラーのスマートライトが断然オススメです。(ホワイト一色のスマートライトは試したことがないですが)

また音については、個人的なオススメはワイヤレススピーカーBOOM↓


Ultimate Ears MEGABOOM Bluetoothスピーカー IPX7防水/NFC対応/ワイヤレス/20時間連続再生/ポータブル チャコールブラック WS900BK 【国内正規品】

AmazonのアレキサとかECHOがあれば、Phillips Hueのスマートライトもブリッジなしで繋げられるので、良いかもしれません。

UEのBOOMは、モノとしてはスピーカーの繊細さを感じさせなくて、本当にそこらに転がしていて踏んでもOK。音質もいいし、音量も出る。これも日々お世話になっていて、感謝。

Air Pods と交互に使用したりして、ワイヤレスのスピーカーはすごく重宝します。

自宅エクササイズ

ナイキ(NIKE)のNike Training アプリを使用されたことありますか?

これはめちゃめちゃいいです。そして無料です。

やまびとは元来たいへんなナマケモノで、デイリーでお家エクササイズをするなんて考えられない人間ですが、このアプリを使用し始めてから、欠かさずトレーニングに励んでいます。

しかもレベルがはんぱない。一週目でお腹が割れてしまいました。イツノマニ6パック

なぜ続くのか、というのを考えてみました。

  • プログラムを組むと、一週間に最高5日までで、休みの日がいやでもある。
  • 自重のみのプログラムの設定が可能で、他にツールが必要ないので、出したりしまったりする手間がない。
  • 一度「Start」ボタンを押してしまったが最後、言われるがままに30〜45分、汗だくになりながら動かざるを得ない。
  • メニューが豊富で飽きない。1日5分の時もあり、メリハリがある。

Startボタンを押したが最後、、、

むろん、アパートなので飛んだり跳ねたりはできないのですが、その部分はスクワットなどに置き換えてトレーニングしています。

この他にもクライミング系の筋肉を鍛えるため、エクササイズバンドを使用したり、ハングボードを使用したりしていますが、そのためのウォーミングアップとしてもちょうど良く。

かなりオススメです。他のアプリで続かなかった人はぜひ試してみてください。

瞑想

そして、瞑想。

このおかげで人生の質が変わったかも、と思います。

最近ニュースを読んでいると、コロナでネガティブ思考が当然のように出てくるのですが、実は全く共感できていません。

私だけなんでしょうか?そうだとするとなぜだろう?

確かに、以前の私であれば、もしかしたら、全ての事象を自分にとって悪いことが起こる兆候のように捉えて考えすぎていたのではないかという気がします。

例えば、職を失うのでは?と不安になり、実際に職を失った時に傷つかないように思考が巡り始める。そこですでに退職する姿が自分の中に存在してしまっているから、あとはそこに向かってまっしぐら。周囲の人をさぐり、ネガティブなイメージに行動を引き込んで、自虐の思考の中にいることに慰められている、、、というような。なんか、昔経験したなあ。

今は、そういう思考に陥らなくなったことについて、やはり数年前に始めた瞑想の習慣がためかな、と思い始めています。

きっかけは、CALMという英語のメディテーションアプリの購読の開始でした。今も毎日使っていてオススメだけど、英語。日本語の瞑想アプリもきっといいのがあるはず。

肝心なのは、

  • すでに起こってしまった過去や、これからコントロールのきかない未来や事象についていろいろと考えすぎてしまうことは、労力のムダ(これは、言われただけではわからないのですが、本当です。)
  • 現在に集中。
  • 呼吸に集中して、呼吸がもたらす変化を体全体で感じとる
  • それ以外は何もしない
  • 何かに思考がとらわれたら、そのとらわれたという事実を認め、観察する
  • そして手放す

こんな感じですかね。とにかくすべて、Let go です。そして、自分を大切にすることです。

最近は、苛立ったり、執着したり、長時間悪い思考にとらわれたりすることがなくなり、周りのものに注意が向くようになったように思います。

あんまり実体のない話かもしれないですが、気の持ちようで人生は変わるというのは本当だと思うので、ご関心のある方はぜひ試してみてください。

オンラインデリバリー

長くなってしまいましたが、最後にやっぱりコロナで一番のお役立ちは、オンラインショッピング。自粛中でもスーパーは結構人がいるので、なるべくなら入らない方が吉。

やまびとも遅ればせながらついにアマゾンのPRIMEメンバーとなり、サービスをフル活用しています。

音楽はAmazon Music、映画はAmazon Prime Video(とNetflix)、定期お得便などなど。

特にAmazonパントリーは重宝しています。価格もドラッグストアに行くより安くて、洗剤やトイレットペーパーなど日常品をBoxに詰め込んで届けてくれます。

ピザのデリバリーやUber Eatsなど、やまびともなかなかコロナでないと利用しなかったかと思いますが、そうでなくても便利なサービス。

今後もこういったサービスが増強されていくといいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

最近の記事

やまびとのツイッターアカウント