【在宅中】Metolius のフィンガーボードを家にインストールしてみた

みなさん、こんにちは。ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

やまびとは、コロナの影響で在宅となり、家中リモデルしまくりです。交際費がなくなったのに、なぜか出費は増えている。。。

在宅になってからも、しばらくはボルダリングジムに通っていたのですが、そんなジムも緊急事態宣言の発令で閉まってしまいました。

このままではせっかく鍛えた筋肉が衰えてしまう!と危機感を覚えて、今回ポチッとしてしまったのは、こちら↓


(画像をクリックするとAmazonのページにとびます)

フィンガーボード。メトリウスのMetolius(メトリウス)木製ウッドグリップコンパクトIIです。

まだボルダリング初心者のやまびとが、まさか自宅にフィンガーボードをインストールすることになるとは夢にも思っておりませんでしたが、完成品にとても満足しているので、今回は賃貸でフィンガーボードを取り付ける方法について書いてみたいと思います。

必要なもの

賃貸で壁を傷つけずにフィンガーボードを取り付ける方法について、いろいろと調査してみたところ、やまびとは突っ張り棒に行き着きました。

ディアウォールで検索したのですが、最終的に行き着いたのは、コレ↓

LABRICOのDIYパーツで、なんとテレビや自転車2台も取り付けられる、最大耐荷重40kgのアドジャスターです。2×4の木材の両端にとりつけて、床と天井に突っ張る、というもの。

2本で支えれば、なんと最大耐荷重80kg!

というわけで、以下はやまびとが購入した材料です(フィンガーボードの横に棚を作ったので、実際は2個ではなく3個購入しまています):

  1. 平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター強力タイプ オフホワイト EXO-1 最大使用荷重40kg 2個
  2. 平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ  シェルフサポート 棚受 DXB-52 ブロンズ 2個入 1個
  3. NZCMYXl字金具 黒 棚受け金具 ステンレス鋼L字型ブラケット20個 ネジ 45個 直角ブラケット 25×25×16mm 1個
  4. WOODPRO 【2×4材/ツーバイフォー材】 DIY素材 国産杉(新材) 厚38mm×幅89mm×長さ2400mm(長さ240cm) 無塗装
    • 2本(天井の高さから12センチ引いてカットしてもらう。私の場合は天井の高さが231センチだったので、219センチでカットしてもらいました。)
    • 1本(長さ68cm。長さはフィンガーボードが収まる長さに。)
  5. WOODPRO DIY素材 国産杉(新材) 厚27×幅230×長さ680mm 屋外用塗装仕上げ CB(チャコールブラック)色 1枚(長さはフィンガーボードが収まる長さに。)

幅決めですが、フィンガーボードの幅が61センチだったので、L字ブラケットが両端に付けられるよう、68センチにしました。ちょうど良い幅でした。

また、フィンガーボードを取り付ける厚み2.7センチの板なんですが、メトリウスの専用受け板が厚み2センチなので十分だろう、と思ったのですが、実はフィンガーボードに付属していた木ネジが長く、厚みが足りませんでした。

そこで急遽、100円店で、厚み1.5~2センチの木材を購入して長さ68センチにカット。受け板だけでカバーしようと思うと、厚み4cm以上の板を購入するか、もしくは短い木ネジが必要になります。

フィンガーボードを選ぶ

フィンガーボードは、手に優しく軽量でインテリアに溶け込む木製のものを。やまびと独断のオススメです。

使い勝手が良いのは、メトリウスの下↓のような形状のがいいらしいです。人間工学に基づいた形状らしく。


Metolius(メトリウス) プロジェクトボード ブラック/ホワイトスウィル ME14006

が、やまびとは木製のもの以外は考えていなかったので、Metolius(メトリウス)木製ウッドグリップコンパクトIIで即決。

少し迷ったのは、2段のものにするか3段のものにするか。三段だとコレ↓


Metolius(メトリウス)木製ウッドグリップデラックスII

なんとなく3段だと大げさな感じがしたので2段にしてしまいましたが、3段の方がトレーニングに効果的だし、高さ5センチしか違わないので、3段でもよかったかも。

本当はBeastmaker の1000があればそれにしたと思うのですが、どこも売り切れで。やはりジムが閉まってしまい、クライマーはこぞってフィンガーボードを購入しているのかも。

さて、いよいよ取り付け

最初にフィンガーボードが届きました。ドキドキ

木ネジを差し込んでみると、なんと上段は4センチも出てしまいます。

下段も3.2センチ。これでは厚み2.7センチの受け板では厚みが足りない、ということが発覚。

木ネジの長さは、上段用が8センチで、下段用が6センチでした。

木ネジの長さを変えるか、木を足すか迷って、結局木を足すことにしました。やはり体重を支えるのに、短い木ネジだと不安ですので。

急ぎホームセンターに足を運びますが、緊急事態宣言で土日は休業とのこと。仕方なく100円店に行くと、ちょうどよい木材が100円で売られていました。

必要なのは、上段用に厚さ1.5センチ、下段用に厚さ1センチの木材。なんとペンキまで100円で売られているんですね。

68センチにカットして、ブラッグのペンキを塗ると、良い感じになりました。(写真には3本ありますが、必要なのは2本のみです。)

3日後、木材が届いて、フォンガーボードの穴の位置決め。受け板の裏に上述の木材を接着し、余ったネジでビスを打ちました。

アマゾンから発注した木材の方はチャーコールブラックという色に塗っていただいたのですが、百円店のペンキでもなかなか見分けつきませんね。

ボンドが乾いたら、板が裂けないよう表からドリルで穴を開けて、フィンガーボードを取り付けていきます。

荷重をできるだけ分散させるため、受け板の下に長さ68センチの2×4の木材をL字型ブラケットで取り付けました。

柱に固定するため、周辺にもL字型ブラケットを表側と裏側に取り付けます。表面はこんな感じ↓

裏側はこんな感じ↓です。

2×4の柱を立てて、取り付ける位置にシェルフサポートのビス止用の穴をドリルで開けて、シェルフサポートはフィンガーボードの方に取り付けます。

そして、いよいよフィンガーボード一式を2本の柱の間に取り付けたのが、こんな感じ↓。

なんだか、、、、鳥居のようだカッチョイイ

壁から40センチほど離しています。

Lハングとかができる上級者の人であれば、ドアの入り口など足が伸ばせるところに取り付けるべきですが、初心者の私の場合、膝を上げることができれば十分だし、横に棚を作りたかったので、壁に向けてインストール。

ぶらさがってみる

実際にぶらさがってみると、なんとミシッと音が、、、しません!

懸垂を数回してもまったくびくともしなくて、たいへん強固な作りのようです。

上部のジャグで懸垂、上段のポケットでぶら下がる、というメニューでトレーニングできそう。下段は厳しく、スローパーは私ではまだぶらさがれないですが、、、

緊急事態宣言中、強くなるぞ!

と心にちかいましたが、トレーニングメニューの作り方はなかなか難しそうですね。

いろいろと調べた結果、ビーストメーカーのアプリが好評のようですが、ひとまず私はメトリクスのサイトを参考に10分間トレーニングを実施中。

  1. ナイキのアプリでウォーミングアップ
  2. エクササイズバンドで肩のウォーミングアップ
  3. 10分間フィンガーボード

という具合です。

どうもまだ負荷が足りないようなので、少しずつフィンガーボードのトレーニングメニューを増やしていこうと思います。

みなさんもご自宅にフィンガーボードいかがですか?

3 Replies to “【在宅中】Metolius のフィンガーボードを家にインストールしてみた”

  1. […] 前回は、クライミング用のフィンガーボードとシェルフを設置しましたが、今回は自転車まわりのリモデルについて書きたいと思います。 […]

  2. […] フィンガーボード とシェルフの作成でご紹介したのと同様、2×4の木材をディアウォールもしくはLABRICOなどのアドジャスターで天井と床で突っ張り、スタンドハンガーを取り付けると […]

  3. […] 本ブログでも連日書いていますが、フィンガーボードつきのシェルフを作ったり、玄関に自転車ラックを設置したり、在宅で目に届くものを片っ端からリモデルしていっています。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

最近の記事

やまびとのツイッターアカウント