関西冬の低山 金剛山とかもきみの湯

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

お正月は関西で過ごすことになり、東京からは普段登れない百名山を登るぞ、と思っていたのですが、目当ての伊吹山は2000メートル程度であるにもかかわらず、たいそうな雪山だそうで、装備のないやまびとは断念。

代わりに大阪府と奈良県の境になる金剛山に行ってまいりました。神社あり沢登りあり、天然水の温泉ありの結構面白いルートだったので、ご紹介します。

いつ 2018年1月初旬
どこ 金剛山(1125m)200名山
旅程 河内長野駅(9:00ごろ)ロープウェイ前行きバス
ー 金剛登山口出発(9:30)
ー 金峰山山頂広場(11:00ごろ)
ー ランチ後出発(11:15ごろ)葛木峠
ー 伏見峠(12:00)
ー 伏見道からかもきみの湯(13:30)
ー 近鉄御所駅
装備 ソールが滑りにくい登山靴
予算 往路:
森屋駅までの電車代
バス(河内長野駅〜金剛山登山口)470円
帰路:
バス(かもきみの湯〜近鉄御所駅)390円

金剛山登山口までは、河内長野駅と富田林からバスが出ています。登山口のバス停から食堂のある駐車場方面に登ると、小さな茶店で左右に分岐。

右に進めば表参道の千早本道ですが、中級ルートをいくつもりだった私は左へ。ところが、少し進んだ車止めのところで、黒栂谷道をいくセトルートが土砂崩れで通行止めとなっておりました。




車止めから少し進むと左手に登山道がありました。登山地図を見ると、タカハタ道と呼ばれる点線の道が。

仕方がないので、この道を進むことにしましたが、これが結構楽しいルートでした。

綱が渡された岩場や、滝を眺めながら沢登りを味わえます。

道は気持ちのよい登りで、人もまばら。登山道はしっかり踏まれており、迷うことはありません。

しばらく高度を上げると、滝の水が凍っている部分もあり。

沢で腰を下ろして休憩するのも気持ちいい。

だいたいいつもは3〜4時間ほど登るのですが、今回はルート変更もあり、1時間半の短いルートだけに、足を止めて写真を撮ったり滝を眺めたりして、じっくり新しい年の山の空気を味わいながら登りました。

山頂が近くなると、氷が岩を覆っているところも↓

そして樹氷。と呼んではいけないかもしれないが、風が吹くと枝に積もった氷が降ってくる。

ここらへんにくると、道がアイスバーンになっている箇所もあり、みなさんアイゼンを装着しておられます。

私はアイゼンは持ってこなかったので、そのままノースフェースの3シーズン登山靴で滑らないように気をつけながら前進。実際、アイゼンは全く必要ありませんでした。

そして11時には山頂広場に到着〜

地面が凍っております。写真を撮ってベンチでランチにしましたが、寒くてすぐに前進することにしました。

山頂広場からすぐのところに転法輪寺や葛木神社があります。

登山客のみなさんは、神社まで氷の上をアイゼンで慎重に登っておられます。が、実際アイゼンで氷にギズをつけてくれたからなのか、アイゼンなしでも簡単に上がれました。

滑って転んでいらっしゃる方もお見かけしましたので、氷点下になるこの頃、滑りやすい靴底だと難しいかもしれません。

葛木神社で新年のお祈りをして、伏見峠の方に平らな道を進むと、ちはや園地やキャンプ場など子供の遊び場があります。展望台からの眺望はなかなか。

そして、伏見峠から温泉のある船路方面へ降りる伏見道が左手に↓

温泉へ行きたかったのでこの道を選びましたが、登山地図上でも点線で描かれている道で、あまり整備されていなさそうな道で、正直、あんまりオススメいたしません。




人っ子一人もなく、枝や落ち葉で明らかに長い間人に踏まれていないようで、歩きにくかったです。混雑した登山道は嫌ですが、これだけ寂しい下山も苦手(少なくともクマは冬眠中よね?)。

時間もあったので、石寺跡道か天ヶ滝道をいけばよかったと思います。

ヤブを抜けて伏見道入口の柵を出ると、視界のひらけた丘から段々畑になっていて、かもきみの湯がある船路まで急な下り坂になっています。

高見からの眺望がすてきだ〜

かもきりの湯までは徒歩で半時間ほどかかりました。

湯料金は六百円で、バスタオル、フェイスタオルのセットのレンタルが百円。関東より安い!そして源泉水につかることができます。

近鉄御所駅までは1日6本バスが出ていますが、少し歩けば船路からもバスがあるので帰りも便利ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です