天空の楽園アンコール・ワットへ①  クメールの微笑みとジャヤヴァルマン7世

念願のアンコール・ワットへ行ったときの記録です。

子供の頃、近くにやってきたアンコールワットの展示会を見に行ってからすっかりファンになり、いつかは行くぞと決めていましたが、実際に行って見て、その魅力と迫力は想像以上!

まだまだ観たいところもあり、またもう一度行きたいと思っています。

仕事が忙しく思い立ったのは直前。リサーチもそれほどできませんでしたが、カンボジアでのひとり旅は、とくに以下の点には気をつけなくてはなりません。

  • 空港からホテルまでの交通手段
  • ホテル(部屋に2重ロックがあるなど)
  • 観光に使う足

とくに一人旅の女性は、交通手段の手配の仕方に気をつける必要があります。

空港からのタクシーは登録制のタクシーを手配してもらうこと。ホテルは宿泊客の安全対策面で特に評価の高いところを選ぶこと。そして、観光で使うタクシーは、必ずそのホテルから手配してもらう、もしくはお抱えのタクシーがあるホテルにすること。

この3点を守らなければ、よっぽど護身に自信がない限り、カンボジアで女性一人旅はやや不安。

手っ取り早く解決するなら、ホテル選びにすべてをかけることもできます。つまり、ホテル良ければ全てよし。

オンラインで英語サイトをリサーチし、セキュリティ面で行き届いている、Sokha Angkor Resortというホテルに決めました。

居心地よいホテルのロビー

ホテルおかかえのドライバーがいて、ホテル側が宿泊客の観光中の安全まで面倒をみてくれます。プールやレストラン、マッサージなどがそろった5スターホテルで、内装やアメニティ、スタッフの笑顔は最高です。

少し値ははりますが・・・。

ひとまず3泊予約して、あとは到着後のながれにまかせることに。



Booking.com

さて、シェムリアップ空港までは、ベトナムのホーチミン経由で入りました。

空港のすぐ外、左手にタクシースタンドがあり、職員が登録タクシーを手配してくれます。街まで一律7米ドル。

乗車してみるとあまり綺麗ではないバンで、運転手が日程を根掘り葉掘り聞いてきます。自分はガイドの資格があり、明日からのガイドを担当させてくれ、と何度も頼まれました。35ドルでガイド+運転とのこと。

ホテルには無事到着しましたが、ドライバーはホテルの中まで入ってきて、ガイドを担当させてくれ、確約するまで去らない、電話をするから番号をくれとしつこい。依頼するなら電話をするので、と電話番号を残してもらってやっと帰らせました。

やはり安全を考え、ドライバーの手配はホテルにお願いしました。女性ガイドはいないとのことだったで、ガイドなしで1日40ドル。安全はホテルが保証してくれます。

この日はすでに夕刻になっており、ホテルのレストランで夕食にして就寝。ホテルの部屋は、バスルームも超おしゃれできれい、ベッドも快適でした。

1日目午前:感動の遺跡群 クメールの微笑みとアンコール・トム

初日はいよいよ、アンコール・トムとアンコール・ワットを訪れます。

8時に、ドライバーがホテルでピックアップしてくれます。きれいで匂いのない快適な乗用車で、シャイで善良そうな運転手。乗った瞬間、ホテルのドライバーにしてよかった、と思いました。

クーラーに冷たい飲料水もつんでくれていました。カンボジアは年中通して日本の夏より暑く、熱中症には要注意です。

アンコール・ワットは太陽の方向の関係で、午後に訪れるのがよいとのことで、午前中はアンコール・トムへ。

アンコール・ワットを通り過ぎる前に、チケットを購入するチェック・ポイントがあります。日曜であったせいか、とても混んでいて待ち列も長かったのですが、写真撮影を行って発行するわりに、手際がよくて案外素早くもらえました。

遺跡に1週間のうち3日間入場できる3日券で40ドルでした。




遺跡としてはアンコール・ワットが有名だけど、私の目当ては、実は北側に広がるアンコール・トム

アンコールは、802年から1431年まで続いたクメール王朝の首都です。

ヒンドュー教のシヴァ神(第三の目がある荒ぶる神)を崇拝していた過去の王とは違い、ヴィシュヌ神(4本の手を持つ温和な神)を崇拝したスールヤヴァルマン2世(1113年〜1150年)が建設したのが、アンコール・ワット。

ヒンドュー教の神を崇拝した過去の王とは違い、大乗仏教を篤信したクメール王朝最も偉大な王ジャヤヴァルマン7世(1181年〜1218年)が建造したのがアンコール・トムです。

子供のころからのファンと書きましたが、何が魅力的なのかというと、その微笑みです。

私は、ジャヤヴァルマン7世像の微笑みと再会するためにやってきたのです!

ということをドライバーに伝えるが、ジャヤヴァルマン7世?誰それ?という感じで彼も微笑んでいる。

発音が悪いのか、本当にアンコールワットの歴史を知らないのか。

ちなみにどんなに素敵な微笑みかというと、コレ↓

めちゃハンサム。知と慈愛に充ちておる。(この写真はどこからきたかというと、ずっと大切にしているアンコール・ワット出張展示会で買ったクリアファイルからですハイ。僧侶なのかジャヤヴァルマン7世なのかは不明ですけれど。)

ともかくとして、そんな素敵な王様が建設したアンコール・トムに向けて車を走らせました。自転車で周っている観光客が気持ち良さそうです。

アンコール・トムへの入り口、南大門

ついにやってきたアンコール・トム。門前で、車を止めてもらって、徒歩でくぐりました。門まで微笑んでますね。

入り口から「宇宙の中心」の寺院、バイヨンまでは1キロ以上あるので、再び車に乗せてもらって林の中の道を走ります。

寺院の前でドライバーとは一旦わかれ、象のテラスの前の駐車場で待っていてもらうことに。

ついにやってきました!宇宙の中心 バイヨン寺院

ガイドブックの写真には前に聖池があるのですが、乾季ですっかり枯れてしまっているもよう。

初めてのアンコール遺跡で、回廊の意味合いや見学の仕方を判別するのに、やや時間がかかりました。初日はガイドを雇ってもよかったかもしれません。

中央祠堂で、お線香をあげて赤い紐を手首に結んでもらいました。回廊の窓からは、観世音菩薩の四面塔がさまざまに見えて、それぞれに違った微笑み。

あ、この微笑みいい!と思ったのが、おそらく「クメールの微笑み」かと見当をつけて探索を開始しました。

クメールの微笑み

最も印象的なのは、やはり回廊の壁に施された浮き彫り、レリーフ。仏教とヒンドュー、クメール軍と宮廷生活の様子など、隙間なく躍動感を持って浮き上がります。

900年もの昔の世界が、回廊から回廊へ、周っても周っても登場します。病人から王の軍隊、中国人の宴会の様子から乳海撹拌まで、全部違ったストーリーを展開していて、見始めるといくら時間があっても足りません。

バイヨンのレリーフ

結局、バイヨンだけで2時間も使ってしまいました。先を急いで空中参道を行き、パプーオンへ。

ウダヤーディティヤヴァルマン2世建設のパプーオン。ヒンドゥー教

そして次のピミアナカスへは、閑散とした林の中で道もはっきりしません。

カンボジアの幼い少年が、ツーリストに向かって「Hello, where are u from?」を繰り返しています。

スールヤヴァルマン1世建設のピミアナカス。ヒンドゥー教。

沐浴場の女池や男池には、デバダーやワニなどの彫刻もあるそうだけど、時間がなくて象のテラスへ。

象のテラスは300メートルも続く長いテラスで、上に乗ってしまうと側面に描かれているレリーフが見えません。向かいの道からながめて、ああ、この上を歩いていたのか、と感慨。

王のテラス

王のテラスはジャヤヴァルマン7世が再建する前の姿も復元されていて、壁と壁の間の狭い通路を通ってレリーフを見学することができました。

どれも、この地に根ざし、ものすごい労力で築き上げられた文明の証。出張展示会で、ケースに収められたピースごとに観るのとは、わけが違います。

まだまだ見るべき遺跡はたくさんあったのですが、ドライバーには2、3時間で戻ると言ってあったのに、もうすでに3時間以上。さすがによろしくないかと断念、続きは明日戻ってくることにしました。

昼食は、ドライバーまかせでアンコール・ワットすぐ横のレストランへ。

スープとジュースとチップで9ドル。

さて、午後はアンコール・ワットです!

天空の楽園アンコール・ワットへ クメールの微笑みを求めて行ってみたよ②




「天空の楽園アンコール・ワットへ①  クメールの微笑みとジャヤヴァルマン7世」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です